プラス思考

  • プラス思考と喜び感動 ・・プラス思考により、セロトニンなどの働きで集中力を発揮します!

プラス思考で過ごす・喜び感動!

ラス思考で過ごすプラス思考という言葉には、
 前向きに生きる、意欲や理想を持ち続ける、喜ぶんで感動することが大切だとう意味が込められています。 こころの持ち方があなたの人生を大きく変えることは間違いありません。

 物事を発展的に受けとめられないときもあることでしょう。 自分にとって前向きに捕らえる習慣付けをしてみたらいかがですか。 この前向きな考え思 考が、遺伝子の働きに大きな影響を与えるることが分かっています。

 遺伝子の働きは取り巻く環境や外からの刺激によって大きく変わってくるというのです。
 眠っていた良い遺伝子を目覚めさせることです。 詳しくは、プラス発想と遺伝子の ページをご覧ください。

 プラス思考になると、セロトニンやベーターエンドルヒン、サイロキシンなどが集中力を高めくれます。  毎日の生活の中で、喜んで感動していますか?

セロトニンとは、「やる気・意欲がでる」に必要な様々 な、脳内ホルモンの働きを助ける脳内部物質です。
 前向きな気持ちプラス思考がいかに大切かが、生きるうえで重要なポイントになるでしょう。 セロトニンは人を愉快にする脳をコントロールする特別な脳内ホルモンです。

  ・精神を安定させ興奮や不快感を沈める
  ・姿勢を保つ抗重力筋などの筋肉を刺激する

 などの働きがあります。 冬になって日照時間が短くなると、いつもよりも、セロトニンの分泌が減ることが分かっています。

 <セロトニンの分泌を促すには>

  ◆一定のリズム運動を
  ◆5分以上持続する
  ◆2500ルクス以上の光を浴びる(太陽光線がよい)

 つまり、「明るい太陽の下でで5分以上ウオーキングをする」のが最適ということですね。

成功イメージ
 自分の理想とする姿を思え描くこと、スポーツ界ではオリンピックに表彰台に立っているイメージを思い描いて実際に金メダルを取ることが出来た選手・・・・できるできるとプラス思考をしていれば、やる気ホルモンが湧き出て成功へ近くなるのです。

セロトニンを誘発させるタッピング
 (マッサージのように、体の特定のポイントを自分でトントンと叩くだけです)
 タッピングの効用としては、セロトニンが注目されています。 セロトニン神経は、脳の中心にある脳幹のさらに中心部に位置して縫線核という部分にあり、神経伝達物質セロトニンを分泌することで情報のやり取りをしていて、心理的には平常心を保つ働きをしています。

 セロトニン以外にもこころの状態にかかわる神経には、ドーパミン神経(食欲、性欲、喜び、快楽、陶酔感など)とノルアドレナリン神経(不安、恐れ、驚き、ストレスなど)があり、これら二つの神経は、セロトニン神経を抑制作用を及ぼすのです。

 興奮と不安を抑制して、心のバランスを保つ働きをしているのです。  セロトニンを分泌させる方法は、座禅やヨーガなどが効果的といわれますが、そのような方法は習得までに時間がかかり、中途挫折するケースが多いようです。  そのほかにも、リズミカルに歩く、ガムをかむ、一定のリズムを身体に与えることなどで、セロトニンが分泌されることがわかっています。

 タッピングで十分セロトニンを分泌することができるのです。 タッピングの場合、なでたりさするよりも、リズミカルな刺激が効果的のようです。 マッサージを受けるとストレスホルモンが低下することが知られています。

 逆に、ストレスが多いと、アドレナリンなどの興奮ホルモンなどが、不安を増幅させてる恐怖のホルモン怒りホルモンと呼ばれています。同時に、筋肉も 内臓も緊張し血圧や血糖値が上昇して、ヒステリー状態などになるのです。

◆ なんとなく疲れやすくだるい
◆元気がでない、暗い気持ちになる
◆筋肉が哀えて老けた印象になる
◆満腹感がなく甘いものなどを食べ過ぎて太る
  ・・・などの状態になります。

軽いうつ状態になる人もいるそうです。気をつけましょう。


プ ラス思考(発想の転換)が視野を広げる見つめ方につながり、遺伝子の働きまで影響をおよぼすのです。  朝日を浴びることがとても大切です。