早起き 生活習慣

ストレス解消と健康管理

ストレス解消と健康管理 top > 早起きの生活習慣

*早起きの生活習慣でストレス解消!*

早起きの生活習慣早起きの生活習慣を身に付けましょう。
 休日に昼頃まで寝て、日頃の睡眠不足を解消しようとしている方は要注意です。 起床時間がいつもより遅くなるということは、生活リズムも乱れるということであり、逆に体を疲れさせてしまう結果となります。

 朝はまずがんばって起き、昼過ぎに上手な昼寝を取るようにすればよいのです。
 朝日を浴びることで、時計の時刻合わせが行われます。 ここで多少のズレなら修正されます。

 早起きの生活習慣で、太陽の光を俗びで体内時計が正常になり、夜もスムーズに寝つくことができるようになります。 太陽の光を浴びることに意味があります。早起きの生活習慣

 太陽の光を浴びると睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が止まり、セロトニンが分泌されます。 セロトニンは神経伝達物質の一種で精神を安定させます。セロトニンを増やすには、早寝早起きの生活に戻すことから考えましょう。 セロトニンは太陽の出ている日中に分泌されやすいので、人間の本来の生活習慣直がセロトニンを活性化しやすいのです。

 朝はぎりぎりまで寝ている方は、朝日を浴びる習慣がある方に比べて、疲れやすさを感じてしまうことになります。

 そして早起きしてできた朝の時間を、ゆっくり過ごすことを心がけましょう。 「早起きは三文の徳」といいますから、夜は早寝をして、朝に早起きの生活習慣が新しいの一工夫をしませんか。

早起きの生活習慣早起きをした起床後、窓際などで約10分間過ごしましょう。
 生活習慣を早起きに変えることで、生体リズムが変わるのです。

 光の情報が脳へと伝わり、睡眠・覚醒の生体リズムが調整されます。 生体リズムを調整するために2500ルクス以上の光が必要ですが、曇りの日でも約4000ルクスありますので大丈夫です。また、晴れの日10000ルクス以上もあります。

 深夜に勤務して朝帰る方は、帰宅途中に朝日を浴びると、体内時計が調節されてからだが目覚めてしまいます。 できれば濃い色のサングラスをかけて帰宅し、帰宅後はすぐに部屋のカーテンを閉め、照明を薄暗くするようにすれば、日中の睡眠への悪影響が少なくてすみます。

 昼夜交代勤務の方は、朝にかけて勤務した日もそのまま夜まで起きているほうが、生体リズムを崩ささないですみます。 そして、夜は早めに就寝しましょう。

早起きの生活習慣
早起きで朝の光を浴びる習慣を身につけましょう。

早起きの生活習慣早起きの生活習慣と朝食の大切さ!
 食の偏り、食の乱れなどにより、偏食・朝ごはんの欠食やかむ力の低下などがおこります。 中でも毎日の規則的に朝食をしっかり食べることの大切さを痛感します。 朝食を良く噛んで食べることによって脳を活性化させる重要な作用があります。

 イライラしてくると脳からドーパミンが出て、激怒の感情が大きくなります。 反動性低血糖(一過性の低血糖)の場合、激怒すると小脳(平衡調整作用を司どる)のバランスが崩れやすいので、特に気をつけなければなりません。

 よく咀嚼(噛む)すると唾液とともに、イライラを押さえるパロチンというホルモンが分泌される。 また、ストレス耐性を高め、気持ちを安定させる脳内伝達物質のセロトニンがでやすいのです。 よって、イライラを抑えると同時に、気持ちを落ち着かせるるリラックス効果と集中力・判断力を培うのです。

早起きの生活習慣

 最近の研究では(2000年)、意欲を司るA10神経細胞核(A系列の十番目の神経細胞核)を朝食を取ることによって分泌されるベーター・エンドルフィン(爽快感物質)がこの核を活性化させること事が明らかになりました。

 このことから、食事の大切さ、とりわけ朝食の重要性を痛感せずにはいられません。 大乗仏教の維摩経にこう述べられています。もし、食事を正しく行うのであれば、全ての生活も正しいと。

早起きの生活習慣 早起きの生活習慣 page top > ストレス解消と健康管理 top

青い空と緑の大地で
ストレス解消


ストレス症状
体のメカニズム
ストレス解消の生活習慣
ストレス解消のすすめ
掲載の記事すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等をお断りします。
Copyright (C)  ストレス解消と健康管理  All Right Reserved